【Surface Pen】Surface使うなら持っておいて損なし!お絵描きやメモが捗ります

Surface Pen

突然ですが、これまでに液晶タブレットを使った事はありますか?

おそらく多くの方は「ない」と言うと思います。そういう僕も液晶タブレットを使ったことはありませんでした(笑)

そんな僕ですが、SurfacePro 7とSurface Penを使って、『これが液晶タブレットってこと?!』と感動してしまったので、今回はMicrosoftから出ているSurfaceの公式周辺機器『Surface Pen』のレビューとして、見た目や使い勝手についてまとめてみました。

よければ最後まで読んでくれると嬉しいです!

Surface専用周辺機器『Surface Pen』

まず、Surfaceをご存じない方はMicrosoft公式サイトをご確認ください。

SurfaceはMicrosoftから出ているノートPCや2-in-1 PCのブランド名で、デザイン・機能・使い勝手に優れた好評のシリーズです。

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_150652.pngレクロ

このブログでもSurfacePro7の開封レビューをしたので、ぜひ読んでね!

そのSurfaceのMicrosoftの公式周辺機器として、今回レビューする『Surface Pen』があります。

これは、Surfaceシリーズの中でもタッチパネルを持つ機種で使えるスタイラスペンで、筆圧検知が4096段階・傾き検知というペンタブレットさながらの性能が付いているアイテムです。

ワコムという有名ペンタブレットメーカーのペンタブでも一昔前で筆圧検知1024段階というようなレベルだったことからも、このペンの凄さがわかります。

レビュー

Surface Penの本体・見た目・価格

Surface Pen

今回、購入したのはポピーレッドという色で少し暗いオレンジ色をしています。色はこの他にも、色んなサイズがあるので、お好みの色も見つけやすいかもしれません。

また、本体はアルミ製でサラサラしたさわり心地なので、質感がよく高級感を感じます。そして、長さは約15cm、電池内蔵(単6電池)のためサイズのわりに重さを感じます。

価格はAmazonでも10,000円弱します。これは人によってはちょっと高く感じるかも。(僕も最初は高いと感じました)

ペン側面にマグネットが内蔵されている

Surface Pen側面のマグネット

ペン側面に強力なマグネットが内蔵されており、SurfaceProの側面にガチッと吸着します。このマグネットが本当に強力で、意図的に外そうとしなければ外れないくらい、しっかりとくっ付いてくれます。

Surface Proの側面にくっついたSurface Pen

お陰でペン用のホルダーやケースを持ち運ぶ必要がないので、使い勝手としては最高にいい感じです。

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_150200.pngレクロ

マグネットは使いたい時にスッと取れるから便利!

ペン先の感触はしっとり

Surface Penのペン先

ペン先の感触はしっとりとしていて、マーカーとかの描き味に近いかも。好みが分かれる所ですが、個人的には気に入っています。

Apple Penのような固めの感触が好きな人には向かないかもしれません。

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_150346.pngレクロ

画面フィルムで描き味は変えられるのであまり気にしなくていいかも

消しゴム部分は可もなく不可もなく

Surface Penの消しゴム

ペンの後ろは別のペン先(主に消しゴム)を割り当てられるようになっています。

こちらもしっとりとしていて、消しゴムっぽい感じがするので、硬質な感じのペンタブレットの消しゴム部分が嫌いな人は気に入るかもしれません。

替芯の売り方が酷い

このSurface Penの一番酷いところは替芯です。

Surface Penのペン先は通常のペンタブレットと同じような作りをしていますので、使い続けるうちに摩耗していきます。

そのときのために替芯が用意されているのですが、Surface Penの替芯種類の違う3本セット( 2H、HB、B )しかありません。特定の芯だけ使いたい場合、使わない芯だけたまっていきそうです。

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_150947.pngレクロ

3本セットにするなら、同じ種類の3本セットが欲しい

お値段も高く3本セットで2,000円弱します。ペーパーライクフィルムという紙と同じような感触で描けるフィルムをSurfaceProに貼り付けている場合、ペン先が鬼のように削れていくらしいので、中々痛い出費になります。

替芯の売り方だけは改善してほしいですね。

Surface Penの良かったところ

GOODポイント
  • 質感・色合いなど高級感がある
  • 強力マグネットでSurfaceに常時付けておける
  • ガラスフィルムを貼っていてもしっかりと描ける

Surface Penのイマイチなところ

BADポイント
  • 値段が10,000円前後と高い
  • 替芯が種類の違う3種類1セットしかない

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ!
  • Surfaceを持っている人
  • パソコンでお絵かきしたい人
  • 手書き入力でSurfaceを更に活用したい人

お絵かきだけじゃない、手書きメモの魅力

Surface Penを手に持ったところ

Surface Penを使えば、SurfaceProを液晶タブレットのように使ってお絵かきすることが可能です。画面に直接描く感覚で直感的に描けるので、ペンタブレットが初めての人や板状のペンタブレットが苦手だった人でも楽しくお絵かきができると思います。

また、Surfaceには標準でOfficeが入っていて、その中にOneNoteという製品があります。そのソフトとSurface Penを使えば、メモや講義ノートにも活用することが可能です。

僕自身、Surface Penを使用して、趣味のお絵かき以外にも、色々な手書きメモを残して仕事にも活用しています。

そう、手書き入力は趣味のお絵かきだけでなく、勉強や仕事にも有効に使えるんです!

ちょっと値が張りますが、1本くらいは持っておいてもいいんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。