【予約でいっぱいの店ソース】バジルの香りがたちこめるジェノベーゼパスタのレシピ!家で作れば、エビもキノコも入れ放題だ!

ジェノベーゼスパゲッティ

皆さんはスパゲッティのジェノベーゼは好きですか?僕はバジルが大好きなので、ジェノベーゼも大好きです!

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_151813.pngレクロ

バジルの香りが強いので、『バジル食べてる!』って感じがしてすごく好き!

今回はそんなジェノベーゼを市販のソースを使って、お好み具材で作ってみました。

『ジェノベーゼって難しいんじゃないかな?』・『アレンジするにはどうすればいいかな?』という疑問をお持ちの方も、そうでない方も、良ければ最後まで読んでもらえるとうれしいです!

予約でいっぱいの店のパスタソース『ジェノベーゼ』

予約がいっぱいの店のジェノベーゼ

レシピに入る前に今回使用したパスタソースについて紹介します。

今回はSB食品から発売されている予約でいっぱいの店のパスタソースシリーズからジェノベーゼを使用しました。

これは、あのイタリアンで有名な落合 務シェフが監修していて、バジルだけでなく、しっかりと松の実とチーズが効いている本格ソースとなっています。

僕も何回か使っていますが、そのたびに完成度の高いジェノベーゼを簡単に作れているので、本当にオススメです!

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_151452.pngレクロ

この記事を書いている時点でまた食べたくなってます(笑)

パスタソースにしては400円弱と少しお高いのが難点ですが、美味しいので是非食べてみてください。

レシピ

前置きが長くなってしまいましたが、早速レシピの紹介に入りたいと思います。材料と調理器具を紹介し、調理工程(下処理~仕上げ)の流れでいきます!

材料(3人前)

ジェノベーゼの材料
ジェノベーゼの材料

予約でいっぱいの店のパスタソース ジェノベーゼ 1瓶
エリンギ 1パック
厚切りベーコン 100g
生むきエビ 1パック
スパゲッティ1.7mm 400g

ジェノベーゼの材料
  • 予約でいっぱいの店のパスタソース ジェノベーゼ…1瓶
  • エリンギ…1パック
  • 厚切りベーコン…100g
  • 生むきエビ…1パック
  • スパゲッティ1.7mm…400g

今回は、海鮮 ・肉・ きのこという黄金セットにしました。エリンギはコリコリしてとても美味しいですが、しめじにしても美味しいです。

むきエビは冷凍でも可ですが、生のほうが安いのでこちらにしました。バナメイエビで十分美味。

ベーコン・エビはどちらかひとつでも大丈夫です。個人的にはエビは是非入れてほしい!

調理器具

今回はt-falのウォックパン26cmとソースパン20cmを使いました。

パスタを茹でるためにソースパンを使って、ウォックパンでジェノベーゼを完成させます。

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_150823.pngレクロ

パスタを300g以上茹でるなら、ソースパンよりもっと深い鍋の方がよかったかも(今更感)

下処理

むきエビに片栗粉をまぶし、水で洗う

previous arrow
next arrow
Slider

エビのぬめりや臭みを取るため、むきエビをボールに入れ、片栗粉をまぶします。

片栗粉をしっかりとまぶせたら、流水で洗い流してください。

むきエビを日本酒に少しつけてから軽くボイルする

previous arrow
next arrow
Slider

むきエビのボールに日本酒を入れ、しばらく日本酒につけておきます。

日本酒につけてからボイルすることで、ボイル後のエビが美味しくなりますよ!

エビの色が少し変わるくらい、サッと茹でれば問題ありません。後々炒めるので、ゆですぎるとエビが硬くなってしまうので注意です。

ベーコンを切る

previous arrow
next arrow
Slider

ベーコンは薄く切ると見栄えも食感も寂しい感じになるので、厚めに切りましょう。

厚ければOKなので、後はお好みで。

エリンギを縦に裂く

previous arrow
next arrow
Slider

エリンギは半分に切った後、縦に裂きましたが、包丁で縦に切ってもOKです。

ニンニクをみじん切りにする

previous arrow
next arrow
Slider

ニンニクを包丁で潰してからみじん切りにします。芯を取るのを忘れずに!

本調理

パスタを茹で始める

パスタを茹で始める

使ったパスタはレガーロのスパゲッティ1.7mm 400g、ゆで時間は8分です。

ゆで汁を後々使うので、先にパスタをゆで始めます。

ウォックパンにオリーブオイルとニンニクをいれ温める

オリーブオイルをウォックパンに大さじ2~3ほど入れ、みじん切りにしたニンニクも加えます。ニンニクは焦げやすいので、火を入れる前に加えると○です。

弱火で香りが立つまでニンニクを温めます。

ベーコンを炒める

ベーコンを炒めます。それほど炒めなくてもいいと思います。

ササッと、ササッと。

エリンギを炒める

エリンギを炒めます。

この後の写真では少ししんなりするくらい炒めていますが、ササッとで良かった気がする。

エビを炒める

エビを炒めましょう。

ゆであげのパスタを炒めた具材と合わせる

パスタをフライパンに入れる

パスタがゆで上げでウォックパンに移し、次のジェノベーゼソースをまぜあわせる行程に移ってください。

ジェノベーゼソースを絡める

previous arrow
next arrow
Slider

パスタ400gの場合、ジェノベーゼソースは基本的に全部使いますが、まず瓶の2/3を入れてまぜあわせ、その後、瓶にゆで汁を加えて振り、残りの1/3を投入するといい具合にソースをからめることができます。

ちなみに、瓶にゆで汁を入れる時は瓶が超熱くなるので注意してください!油断して火傷しかけました(泣)

まぜあわせた際に全体的に汁気が少ないようならば、適度にゆで汁を加えて調整します。

仕上げ

味を確認しながら鶏ガラスープを少々加える

ジェノベーゼソースだけでも十分美味しいですが、鶏ガラスープを少々加えるとコクが増して美味しいです。

加えすぎると味が濃くなってしまうので、加減しながら加えてください。

完成

盛り付けをして完成です!

やっぱりジェノベーゼって美味しいね

previous arrow
next arrow
Slider

肝心のお味はバジルの香りとプリプリのエビ、ベーコンのうま味、エリンギのコリコリ感が絶妙にマッチした最高スパゲッティでした!

https://recronix.jp/wp-content/uploads/fr2_20200112_151452.pngレクロ

エビとベーコンとエリンギ、バジルの組み合わせが最高!メチャウマ!

ジェノベーゼはイチからソースを作るとなると中々大変なので、市販のソースを使うのが正解な気がします。今回は、エビ・ベーコン・エリンギで作りましたが、具材をアレンジしても美味しいものが作れると思いました。

バジル好きの皆様、是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。